• This___

KAMIGOTO Schule 「あなたのローマ字を整えるお稽古」【募集中】


KAMIGOTO Schule

紙事 kamigoto Instagram@kami_goto

This___のロゴの文字を書いてくださった紙事ことあやさんの「あなたのローマ字を整える」お稽古がThis___ではじまります。

注) お申し込みは、4月18日(水)10時より開始です

ATTENTION

お問い合わせの多いこちらのお稽古は月に一度6回連続のお稽古になります。

この稽古は、いわゆる王道のカリグラフィーのテクニックを学べるお教室ではありません。 カリグラフィーに興味がある方はその専門の先生をお探しいただけましたら幸いです。

概要

カリグラフィーのお道具をベースにしつつもルールやテクニックに囚われない自分にしっくりとくる文字を一緒に探してゆきます。紙事さんがひとりひとりの文字と紙の暮らしを考える中で生まれた独自の稽古です。

先日6ヶ月のお稽古が終わり、それぞれの方がご自身の文字を綴られてるのを見て、こんなに人によって個性が違うんだなと改めて思いました。

ある方はある時、ふっと肩の力が抜けてさらっと文字が書けるように…文字は心やライフスタイルを映し出す、自分の鏡のように思います。グラフィックデザイナーが本職の私は手書きの文字が大好きでデザインでも多々使用しますが、自身も6ヶ月このお稽古で自分らしさが見えてきた様に思います。

ぜひ皆さまも、自分なりのローマ字を整える時間をThis___で楽しまれてくださいね。

下記詳細、長くなりますので最後までよくお読みになりお申し込みをお願い致します。

紙事さんはお一人おひとりとじっくりと向き合ってゆきたいと考えていらっしゃいます。

その考えから お教室は基本毎月1回 計6回通っていただける方に限ります。

内容:  

約3時間 / 1回の稽古

毎月、「今月の紙」ささやかな紙のお土産つき

日曜日クラス 午前 10:00-13:00(満席) 午後 14:30-17:30(満席)

月曜日クラス 午前 10:00-13:00(残1)

午後 14:30-17:30(満席)

定員 1クラス 6名 お月謝 お稽古の当日、現金にてお支払いください。 ひと月 9,600円(ささやかな紙のお土産、お菓子、飲み物付) ※初回のみ 基本のお道具/資材代で 7,000円別途頂戴いたします。

場所 This___ 

くらしのものとこどものものとコーヒー 世田谷区世田谷4-2-15 1F www.this-is.jp

1ヶ月目 5月13日(日)14日(月) 自分のサインを整える/あなたのMERCIを書く

2ヶ月目 6月17日(日)18日(月)

自分のa to z(小文字)を整える/言葉を書く

3ヶ月目 7月29日(日)30日(月) 自分のa to z(大文字)を整える/言葉を書く

4ヶ月目 8月26日(日)27日(月)

数字を整える

5ヶ月目 9月30日(日)10月1日(月) 自分の数字を整える/言葉を書く

6ヶ月目 10月28日(日)29日(月)

自分の色を作って文字を書く

お申し込みはこちらから

ws@15design.jp へ下記内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

注) お申し込みは、4月18日(水)10時より開始です

件名「紙事 文字の稽古 申し込み」 ●ご希望のクラス【可能でしたら第2希望までお書きいただけるとスムーズにご案内できます】 A 日曜日午前クラス(10:00-13:00) B 日曜日午後クラス(14:30-17:30) C 月曜日クラス(10:00-13:00)

D 月曜日クラス(14:30-17:30)

お名前(漢字とローマ字表記)

● ご希望日、お時間 (クラスABCDのアルファベットも書き添えてください)

● ご連絡先 (メールアドレスと携帯番号)

※キャンセルやお稽古の振替はできません。

紙事より------

この度は 紙事の活動にたどり着いていただき 誠にありがとうございます

このような巡り合わせにとても嬉しく思っています

さて

紙事の紙しごとについて 分かりやすくなかなか一言で表せないでいます

それが紙事の持ち味だとも おもっています

けれど 一度紙事の紙しごとに触れたら どういう事なのかご理解いただけるはず

あくまでも 紙はツールとして捉えています

紙を使って 関わる人の中にある開かずの引き出しを開けて、

古きこと 新しきこと 所作 視点 習慣 あなたさま自身 について等々

いろいろな要素を引っ張り出して小突いたりして 使ってみたり 考えてみたりして

そんなことをする中で 明日から目に入る世界が少しだけ広がり

個々の生活のあらゆる場面でそれらがひそやかに息づくこと

そういうことが 紙事の目指しているところであり、

こっそりとそれらを紙しごとに忍ばせてゆきたいとおもっています

シューレとはドイツ語で学校を意味します

ギリシャ語でシューレは「精神を自由に使う」 という意味があり

それが語源となってドイツ語の「学校」という言葉に使われるようになりました

カミゴトシューレの場で こころおきなく紙と戯れながら

普段使わない部分をじっくりと使って

生活の中でじっくりとひっそりと根を張ってゆくような

生活の中でほんとうに応用できる丁寧な学びの機会が生まれればと願っています

紙の上で お会いできますのを心より楽しみにしています

KAMIGOTO

AYA WATANABE


731回の閲覧

©2017 This___produced by 15DESIGN INC. セレクトショップ

  • ブラックPinterestのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon