• This___

This___ 2周年イベント第二弾【ポルトガル展⑥】


「PORTUGALの手仕事」展 6,15(sat)-6.22(sat) 初日15(sat)は12:00 open それ以外は11:00-18:30(水曜日は定休日です)

2nd ANNIVERSARY EVENTS ❷ 6月15日-22日はCASTELLA NOTEさんにご協力頂き「ポルトガルの手仕事展」を開催しています。 2年前、This___をオープンするにあたり何もなかったThis___に命が吹き込まれた様にオープニングを飾って下さったのがCASTELLA NOTEさんの旅の中で出会ったポルトガルの手仕事たち。 偶然が重なり出会ったカステラノートのお二人とはオープンからずっと一緒に育てて頂いたような気持ちで、お二人もThis___を大切に想ってくださっているのがとても嬉しいです。 今回もThis___の象徴的なプロダクトでもあるMARGARIDA FABRICAのマグカップをはじめ、前回ご紹介して大好評だったGURのラグ。この夏にぴったりなポルトガルの可愛いかごたち、繊細なアクセサリーや木工作品、そして本やノートも。各手仕事の詳しいお話はインスタグラムでもアップしていきますが、是非店頭でポルトガルの空気を感じてお話をゆっくり聞いていただきたいです!

【Artists】 MARGARIDA FABRICA/ 陶器 Algarve Basket / バスケット INES SOBREIRA/ アクセサリー NAMBAN OPORTO KITCHEN STUDIO / ネックレス rug by gur / ラグ JOAO GRACA / 木工 SERROTE / 本・出版・ノート BICLA / ファブリック CERAMICA DE MAFRA/ マフラの陶器 CAZA DAS VELLAS ROLETO / 蝋燭 BORDALLO PINHEIRO / 陶器のつばめ Emillio Braga / ノート

CERAMICA DE MAFRA/ マフラの陶器

こちらはポルトガルで昔から使われているマフラの器。ポルトガル、リスボンの郊外にある町マフラでは、12世紀にさかのぼる昔から地元の赤土を使った焼き物が作られてきました。

ワインやコーヒーを飲むカップ、米を炊く鍋、ポルトガルの食文化に培われてきたかたちと持ったときの手触りはどこか温かさを感じます。映画や童話に出てきそうなぽってりと優しい器たちです。

世田谷・松陰神社前駅の商店街にある、 くらしのものとこどものもの、 そしてコーヒーのある小さなお店 This___ ディス #this___tokyo 東京都世田谷区世田谷4-2-15 東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩1分 4-2-15 Setagaya Setagaya-ku Tokyo

#ポルトガル #陶器 #器 #イベント

©2017 This___produced by 15DESIGN INC. セレクトショップ

  • ブラックPinterestのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon