「gena kuwan」Exhibition


「gena kuwan」 Exhibition

【会期】1月29日(金)〜2月6(土)迄

    12:30-18:00【水、日は定休日】

【場所】This___2nd(This___真向かい)


mishim pottery creationのデザイナー土肥さんが立ち上げた新たなブランド、gene kuwan(ジーナ・クワン)のExhibitionを開催いたします。


架空の女性彫刻家「gena kuwan」。

彼女のイメージを通して生み出されるプロダクト。今回はテーブルウエアとアクセサリーのお披露目となります。


テーブルウエアは、美しいマーブル模様が印象的。

三重県四日市市・南景製陶園とのコラボレーションによる作品です。今回使っているのは、鉄分の多い土を急須用に配合した「黒練」と、大正〜昭和の萬古焼によく使われていた「白泥」と呼ばれる土を南景製陶園が独自配合で復活させた「白練」の2種類の土。美しいマーブル模様は、この深く墨のような黒と、柔らかな白餡のようなベージュの2つの土を混ぜ合わせるというアイディアから生まれました。有機的な模様は、計算して作れるものではないからこそ、唯一無二の魅力を纏っています。


また、密度が⾼く粘性のある⼟を使い、釉薬をかけずに⾼温で焼成する「焼き締め」は、肌理が細かく滑らかな質感を保ちつつも薄く硬いのが特徴。この端正な焼き物の特徴が、「強さとしなやかさを併せ持つ⼥性彫刻家の作品を想起させる器」のイメージと重なります。



ラインナップは、好みに合わせて選べる2種類のカップ、多様な料理に対応する2サイズのプレート、スープにも使えるフルーツボウル、南景製陶園の技術⼒が遺憾なく発揮されたティーポット、そして⼩ぶりのフラワーベース。

どれも使いやすいサイズ感で、意外なほど軽量ですっと⼿に馴染みます。

gena kuwan -jewelry collection


アクセサリーは、永い年月の中で形成された、鉱物が主役に。1つの鉱石を細かく切断し、一つ一つの欠けらをアクササリーに落とし込んだ世界でたった一つのアクセサリー。


その小さな奇跡を欠片まで、余す所なく身に着ける為に構成されたジュエリーコレクションは「都会的で先鋭的な感性を持ちつつ、時の流れの中で変化するものや、歴史や記憶を内包するものを愛する」gena kuwanのイメージそのもの。ひとつとして同じ模様や形のない一期一会の物語をお愉しみ下さい。



This___ではメールマガジンにて最新の情報をお届けしています。

こちらよりご登録をお願い致します。


◎スタッフのアカウントができました。

こちらでもThis___のこと、そうでないこと色々発信していきます。

staff account@this___doi


世田谷・松陰神社前駅の商店街にある、

くらしのものとこどものもの、

そしてコーヒーのある小さなお店

東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩1分


This___

世田谷区世田谷4-2-15 1F

4-2-15 Setagaya Setagaya-ku Tokyo

phone 03-6379-4620

this@15design.jp

ONLINESHOP


HP

instagram

Twitter


This___2nd(This___店舗真向かい)

世田谷区若林3-17-8 1F

NEW