ONE KILN(ワンキルン)



「ひとつの窯」という意味をもつ、鹿児島の陶器工房「ONE KILN(ワンキルン)」。今回新しくThis___でお取り扱いが始まりました。

自ら掘ってブレンドした地元の土や、様々な鉱物や灰などを調合し、素材を活かした作品を制作しています。オリジナルの色や質感を表現し独特な美しい表情をした陶器は、とても日常使いしやすく様々な食卓に馴染んでくれます。


→ONLINE SHOP

 

CULTIVATEシリーズ

Cultivateは、Culture(文化)の語源で、耕す、耕作するという意味があり、身近な素材を見つめ直し、良い作品を生みだす土壌を耕したいという思いを込めたシリーズです。薩摩半島最南西端に位置する坊津(ぼうのつ)。坊津土と熊本の天草陶石をベースにして作られた、日常で使いやすい器たちです。タイプは3種類。土の温かみや質感がしっかり感じられ、様々なジャンルのお料理との相性も抜群です。電子レンでOKなのも嬉しい点。箱に入っているので贈り物にもおすすめです。


・ボウル

ボウルは2サイズ。どちらも手に馴染み女性でも持ちやすい形状です。Sサイズはお茶碗やスープボウルなどにちょうどいいサイズ感。Mサイズはうどんやお蕎麦などのお椀、丼ものなどにぴったりです。




・プレート

プレートはフラットなタイプと少し深さのあるタイプの2種類。淵や裏側に土のざらっとした質感が生かされています。フラットなタイプはワンプレートやお肉やお魚のメイン料理にちょうどいいサイズ感。少し深さのあるタイプは2サイズあり、メインのお料理から副菜まで幅広く盛り付けやすいサイズ感です。



・カップ

こちらのカップは、外側にざらっとした土の質感が生かされており、あたたかな色味で食卓を彩ります。飲み物を入れるのはもちろん、植物を生けるのも良さそうです。


 

ASHシリーズ

深い黒色の中に、光の加減によって複雑に輝いて見えるような風合いを見せるこのシリーズは、釉薬に鹿児島ならではの桜島の火山灰を使用しています。どこかアンティークのような雰囲気もあり、日常使いはもちろんパーティーなどの際にも活躍しそうです。こちらも電子レンジ・食洗機も使用いただけます。


・オーバルプレート

軽くて日常使いしやすいオーバルプレート。Sサイズですがリムの幅が広いので、前菜やサラダからお肉やお魚などのメイン料理まで盛り付けていただけそうです。


・Pebble オーバルプレート

こちらはONE KILNと石原亮太(Pebble Ceramic Design Studio)、長崎県波佐見町の職人達による協働作品。石原さんの作るオリジナルの型を用いています。

Sサイズはちょっとしたおつまみを入れるのにちょうどいいサイズ感。お料理だけでなく、セージやパロサント、アクセサリーなどの小物を入れたりするのにもちょうど良さそうです。

Mサイズはサラダや煮物などを盛り付けるのにちょうどいいサイズ感。Lサイズはカレーやパスタ、ワンプレートなど幅広く使えそうです。



 

This___ではメールマガジンにて最新の情報をお届けしています。

こちらよりご登録をお願い致します。

スタッフのアカウントができました。

こちらでもThis___のこと、そうでないこと色々発信していきます。

staff account @this___doi

世田谷・松陰神社前駅の商店街にある、

くらしのものとこどものもの、

そしてコーヒーのある小さなお店

This___ ディス#this___tokyo

12:00-18:00

営業日はこちらをご確認ください

東京都世田谷区世田谷4-2-15

this@15design.jp

03-6379-4620

東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩1分

4-2-15 Setagaya Setagaya-ku Tokyo

NEW
ARCHIVE
TAG