top of page

SOMEYA POPUP・染めのワークショップ

【会期 2月9日(金)〜2月17日(土)水・日休み

    12:30-18:00 

 場所:This___

※インスタライブ 2月15日(木)11時〜


※同時開催 2月9日(金)〜2月17日(土)水・日休み

 12:30-18:00

 場所:This___

●【JODAN アクセサリーPOPUP


2月9日(金)・10日(土)

●【ふたつの月 チューリップのフラワーマーケット


2月2日(金)〜2月13日(火)水・日休み

●【Unarisue バレンタインお菓子の販売】



This___では初めての開催となるSOMEYAの草木染めによるお洋服のPOPUP。


岡山の西粟倉村を拠点に、オーガニックコットンと草木染めによるお洋服づくり、そして染め直しのプロジェクトをされているSOMEYASUZUKIによるアパレルライン「SOMEYA」。


草木染めで生み出される深みのある美しい色を、思う存分楽しめる、色が主役となるお洋服は、特別な、贅沢な一着として、ぜひThis___のお客様にもご紹介したいと思い、開催が決まりました。


もともとThis___でも、染色や草木染めをされている方とおもしろい取り組みができないかと模索していた最中、オリジナルのキャンドル制作でもご協力いただいているsheepの山川さんからご紹介いただき、SOMEYASUZUKIに運命的なものを感じました。



 

SOMEYAのお洋服


なぜこんなに美しい色が表現できるのか、、、それはSOMEYAの服づくりのはじまりは、すべて色から始まるからです。


「いま、この色をつくって世に送り出したい」という強い思いを運ぶために、植物で色を表現し、服に映します。


色を選ぶのではなく、色をつくる。


それが出発点となることで、高揚感を味わえる美しい服が生まれるのでしょう。


袖を通すと滑らかで、軽やかな生地感が心地よく、100%オーガニックコットンの肌触りと、草木染めの色を全身で楽しめるSOMEYAのお洋服は、一度着ていただけるとその魅力にすっかり虜になります。



今季のコレクションで使われる染料は、セイタカアワダチソウのイエロー、ヒノキのパープル、ヤシャシブによるグレー、ヤシャシブ×玉ねぎのチャコール。


全て天然の植物によって染められており、今後は自家栽培したり、近隣で契約栽培してもらうなどの方法を目指しているそう。


素材となる綿花を育てる人、生地をつくる人、デザインから型紙を起こす人、布を裁ち、服に仕立てる人…


染め手はそれらの仕事をバトンのように受け取って、植物を煮出した熱い染液を、根気強く布地にもみ込む工程を何度も繰り返します。



そうしてできたお洋服は、フォルムを研ぎ澄ませたシーズンレスかつタイムレスなスタイルで、心うごく色との一期一会となり、使うごとに、その一着が日々に溶け込み、時に洗われて、その人だけの色に育っていくようです。


今回のPOPUPではSOMEYAの現在のコレクション全てのお洋服を実際ご試着いただけ、即売や受注にてお買い求めただけます。

※受注アイテムは4月末ごろのお渡し


これだけのアイテムを一様にご覧いただける機会はなかなかないため、ぜひご覧にいらしてくださいませ。

 

●【ヒノキによる草木染め ハンカチ染めのワークショプ開催】

染めの奥深さ、楽しさ、美しさをよりお客様にも体感できるようSOMEYASUZUKI による染めのワークショップも開催!


ヒノキによる染色で、2色のうちお好きな1色を当日選んでいただき、SOMEYAオリジナルのオーガニックコットンハンカチをご自身で染める内容となります。


輪ゴムを使った簡単な絞り染めもできるので、ぜひ挑戦してみてください。



【お申し込み方法】

お申し込みフォームよりご予約をお願いいたします。

申し込み開始:1月28日(日)20時 〜 2月6日(火)


(定員になり次第締め切りとなります)


日時:2月9日(金)

   午前の会 11時~13時

   午後の会 14時30分〜16時30分


日時:2月10日(土)

   午前の会 11時~13時

   午後の会 14時30分〜16時30分


会費:お一人 6,600円(税込) 

   ※追加で複数染めを希望の方は、ハンカチ1枚につき+4,400円となります。

   ※お支払いは現金のみ

持ち物:エプロン、筆記用具、お持ち帰り用の袋

場所:This___ 2nd【This___(世田谷区世田谷4-2-15 1F )真向かい】


●ピンク / アルミ媒染


●グレー / 鉄媒染



 

●【This___オリジナルエプロン 染めのオーダー】

そしてもう一つのイベントとして、This___のオリジナルエプロン(ホワイト)、こちらをSOMEYASUZUKIによる草木染めにて染めていただける染色オーダーをお受けしています。


色は、黄色(セイタカアワダチソウ)と、ピンク(ヒノキ)のどちらかをお選びいただけます。


【受注期間】2月9日(金)〜2月17日(土)

【お色味】ピンク・イエロー

【お届け】4月末ごろ



 

草木染め工房「SOMEYASUZUKI 」を運営するのは鈴木菜々子さん。


もともと美術大学にてテキスタイルを学んでいた彼女は、「色をつくりたい」一心で草木染めに傾倒し、2013年より工房をもち、裁断や縫製、染色を行う生産チームを率いて、色からはじまるものづくりを続けています。


染料となる植物の採集、栽培などにも挑戦をされている鈴木さん、その一色を作り上げるのにも、植物を煮出した熱い染液を、根気強く布地にもみ込む工程を何度も繰り返し、一着ずつ色を染めていく。


実験のような日々を繰り返しながら時間をかけ色を生み出し、また作り上げた色も、できるだけ安定して仕上がるように研究されています。


色の開発に時間がかかるため、コレクションは丁寧に発表できるよう、2年に1回にしているところも、鈴木さんのこだわりと情熱が感じられます。


ぜひ草木染めに使われる植物や、染めの奥深さ、お洋服ができるまでのお話も実際に伺いながら、体感してみてください。



 

ー鈴木菜々子ー


1984年東京生まれ。

武蔵野美術大学にてテキスタイルを専攻する中で、すでに色のついた糸や布から素材を選ぶことに物足りなさを覚え、「色をつくりたい」一心で草木染めに傾倒するように。

2011年に東京を離れ、岡山県北部の西粟倉村に移住。

2013年より、草木染め工房「ソメヤスズキ」をスタート。

2021年、アパレルライン「SOMEYA 」を立ち上げ、2年サイクルでコレクションを発表している。

地域での雇用や、染料となる植物の採集、栽培などにも挑戦中。



 

This___ではメールマガジンにて最新の情報をお届けしています。

こちらよりご登録をお願い致します。



世田谷・松陰神社前駅

東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩1分


This___

世田谷区世田谷4-2-15 1F

OPEN 12:30-18:00

4-2-15 Setagaya Setagaya-ku Tokyo

phone 03-6379-4620




This___2nd(This___店舗真向かい)

世田谷区若林3-17-8 1F

Comentários


NEW
ARCHIVE
TAG
bottom of page